MENU

審査時の収入証明とは

カードローン審査に挑む時に、業者が要求する書類提出が必要になり、まず身分証明書類はどのようなカードローン審査でも必要になり、状況次第で収入証明も必要となります。

 

収入証明書は提出が必要な場合もあれば不要な場合もあり、基本的な条件設定としては一社辺りの借入額が50万円、複数社合わせて100万円を超えて来る借金を希望する時には、収入証明書類が必要です。

 

しかしそれらよりも小さな金額の場合は収入証明の必要が無く、身分証明書として運転免許証等があれば審査対応してもらえて、返済能力を認めてもらえると借入出来るようになりますし、必ずしも収入を証明する事は必要というわけではありません。

 

いずれにしても返済能力を備えているかどうかの確認はされる事になり、この能力は年齢や職業、在籍年数や借金履歴等の情報を合わせて判断される事になり、カードローン業者によって審査基準には違いがありますが、どこでも返済能力を確認する作業を行っています。

 

カードローン審査に通れば契約ルール通りに利用して、指定された金利設定に基づいて利息をつけて返済し、期日までに完済させる事が望ましいですし、延滞や滞納を行わないように計画的な利用を行うと良いです。

銀行のカードローンでは大きな金額まで収入証明書が不要となるケースが多く、300万円まで不要となるオリックス銀行カードローンの保証会社による審査は好評を集めています。